南長野駅に関する豆知識

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

南長野駅(みなみながのえき)は、1936年(昭和11年)11月22日から1944年(昭和19年)1月10日まで長野県長野市中御所にあった善光寺白馬電鉄である。 路線の休線によって休駅(のちに廃線によって廃駅)となった。

休止時の駅構造

  • 1面2線の島式ホーム
  • 構内には本社と車庫があった。本社は開業当時からその場所に現存する。
  • 本社には転轍機(てんてつき)が残置されている。

駅周辺の現状

歴史

  • 1936年(昭和11年)11月22日 - 当駅〜善光寺温泉東口(仮駅)間の開通により開業。
  • 1944年(昭和19年)1月10日 - 善光寺白馬電鉄線の休線により休止。
  • 1969年(昭和44年)7月9日 - 善光寺白馬電鉄線の廃線により正式に廃止。

隣の駅

; 善光寺白馬電鉄 : 善光寺白馬電鉄線 :: 南長野駅 - 山王駅

脚注

関連項目

ケータイにアドレスを送信

クリップ