仙石線に関する豆知識

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

仙石線(せんせきせん)は、宮城県仙台市青葉区あおば通駅から仙台駅を経由し宮城県石巻市石巻駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線幹線)である。このほか、陸前山下駅 - 石巻港駅間の日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物支線を持つ。 2011年平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)による被害を受けて、2012年(平成24年)3月現在高城町駅 - 陸前小野駅間が不通となっていたが(詳細は「運行形態」「東日本大震災による影響」の節を参照)、陸前大塚駅 - 陸前小野駅間の高台移転による新ルートの区間が完成したため、2015年(平成27年)5月30日から全線で運行が再開された。

概要

名称は、起点(仙台市)と終点(石巻市)から1文字ずつ取って付けられた。 仙石線は私鉄である宮城電気鉄道の路線が1944年昭和19年)の戦時買収により国有化された路線であり、1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化によりJR東日本の路線となった。JR東日本が保有する営業路線の中では東北地方唯一、JRグループでは日本最北の直流電化路線である。電動車による他路線への直通運転が不可能である点を活かし、2WAYシートATACSなど開発システムのテスト路線となることが多い。 駅間距離が短く、また、開業当初より仙台口においては1時間に2 - 3本の運行が行われていた。このため、国有化後、地元では国電と呼ばれていた。あるいはほかの国鉄路線と仙石線の駅がそれぞれ立地する松島や塩竈、石巻などでは仙石線の駅を「電車駅」、ほかの国鉄路線の駅を「汽車駅」と呼ぶなどして区別していた。 東塩釜駅付近 - 高城町駅間は東北本線と併走しており、2015年には松島海岸 - 高城町間に連絡線が作られ、仙石東北ラインとして直通運転を開始している(保守用の渡り線はこれ以前から存在していた)。東北本線と徒歩連絡が可能な駅もあるが、通しの乗車券は発売されない。かつて仙台駅では松島への観光に仙石線の利用を促す案内が行われた。これは、東北本線にも「松島駅」があるが、同駅と松島の観光地は1km程度離れており、松島海岸駅のほうが至便であるため。2015年から仙石東北ラインの運転が開始されたことで、仙石東北ラインでも高城町駅で乗り換えることで松島海岸に向かうことができる。松島海岸駅のホームの山側からは並行する東北本線の車両が県道の先に間近に見える。仙台駅 - 松島駅間と仙台駅 - 松島海岸駅間の運賃はともに410円である。一方、塩釜方面への案内は特にされてはいないが、仙台からの場合、観光目的地であるマリンゲート塩釜鹽竈神社本塩釜駅が最寄りの下車駅となる。ただし、宮城県塩釜高等学校など東北本線塩釜駅の利用が至便な施設も存在する。 2000年(平成12年)に完成した仙台トンネルに新線が開通し、あおば通駅 - 陸前原ノ町駅間の約3.5kmが地下線となった。 ラインカラーはスカイブルー()に設定されている。支線をのぞく全区間がIC乗車カードSuica」の仙台エリアに含まれている。

路線データ

  • 管轄・路線距離(営業キロ):全長50.8km(第一種区間。支線含む)
  • * 東日本旅客鉄道
  • ** あおば通駅 - 石巻駅間 49.0km(第一種鉄道事業
  • * 日本貨物鉄道
  • ** 陸前山下駅 - 石巻港駅間 1.8km(第一種鉄道事業)
  • ** 陸前山下駅 - 石巻駅間 (1.4km)(第二種鉄道事業
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:32
  • * 旅客駅:31(起終点駅含む)
  • ** 仙石線所属の旅客駅に限定した場合、仙台駅(東北本線所属)と石巻駅(石巻線所属)が除外され、29駅となる。
  • * 貨物駅:1(石巻港駅)
  • 複線区間:あおば通駅 - 東塩釜駅
  • 電化区間:あおば通駅 - 石巻駅間(直流1500V)
  • * 陸前山下駅 - 石巻港駅間の貨物線をのぞき全線電化。
  • 閉塞方式
  • * あおば通駅 - 東塩釜駅:ATC方式(移動閉塞式)
  • * 東塩釜駅 - 石巻駅:自動閉塞式(特殊)
  • 保安装置
  • * ATACS(あおば通駅 - 東塩釜駅)
  • * ATS-Ps(東塩釜駅 - 石巻駅)
  • 運転指令所:仙台総合指令室(仙石CTC、JR宮城野総合事務所内)
  • 最高速度:95km/h
支線をのぞく全線がJR東日本仙台支社の管轄となっている。

沿線概況

---- ----
石巻港駅 >(2)|}} 陸前山下駅 >|}}
仙石線は、仙台近郊の通勤・通学路線であると同時に、塩釜(塩竈)・松島などの観光地へのアクセス路線としての一面や、仙台・石巻間の都市間輸送の性格も兼ね備える路線である。 仙台駅の西側にあるあおば通駅が路線の起点である。 あおば通駅から陸前原ノ町駅を過ぎるまでは仙台トンネルを通る地下線であるが、地下水位の低い洪積台地の地下を通るあおば通駅から榴ケ岡駅を過ぎた辺りまでと、長町-利府断層帯より先の地下水位が高い沖積平野の地下を通る区間では異なる工法により施工された。あおば通駅の地下ホームは標高20mほどで、ここから榴ケ岡駅を過ぎて断層まで緩やかに下り、断層の東側の一段低い所にある宮城野原公園総合運動場の前で大きく北東へ曲がる。ここからは断層の際に沿って走り、宮城野原駅を過ぎた辺りで最も深くなり、陸前原ノ町駅に向かって上り始め、同駅を過ぎると地上に出る。同駅のホームの先で、東北本線支線(通称、宮城野貨物線)の高架をくぐる。その後、そのまま高架となっていき、国道45号梅田川を跨ぎ、地上線となるのはそれからである。ここからは断層の東側の地下水位の高い沖積平野であり、住宅地として不向きであったため、近年まで仙石線の南側のみを工業・流通団地としての利用に制限した。そのため、北側は田園風景が広がるが、近年小鶴新田駅が設置されて一部が市街化した。 福田町駅近くになると、古くからの住宅地が形成されている地区に入る。ここからが仙塩地区と呼ばれ、陸奥国国府多賀城の時代から、七北田川両岸にある自然堤防上や松島丘陵上に人家が形成され、現在では市街地となっている地区となり、多賀城市や塩竈市まで続く。なお、中野栄駅 - 多賀城駅間で仙台臨海鉄道臨海本線を築堤で乗り越える。本塩釜駅付近は、ルート変更により塩釜線沿いに線路を移設した関係で、海沿いを走る高架線となり眺めは良い。東塩釜駅から先は単線となる。 線路は利府町と松島町で、松島丘陵をトンネルで通りながら、松島湾沿いを走る。この付近で仙石線と東北本線は、並行するように線路が敷設されている。特に、利府町内においては線路が接近しており、列車の併走が見られる場合もある。松島海岸駅は、日本三景松島の観光の中心地である。同駅を過ぎ、東北本線との線路の並行が終了し、高城町駅に向かうために当線が右カーブした先で、左手より東北本線から分岐した仙石線・東北本線接続線が合流する。また、陸前富山駅から陸前大塚駅 - 東名駅にかけては、奥松島の海岸線に沿うように線路が敷設されており、松島湾の眺めを楽しむことができる。震災前は、東名駅付近まで奥松島の海岸線に沿うように線路が敷設され、東名駅からは東名運河貞山運河)沿いを走っていたが、震災後は陸前大塚 - 陸前小野間で高台を通るルートに変更され、左手に災害公営住宅の造成を見ながら東名駅野蒜駅付近を通る。 鳴瀬川を越えると、列車は石巻平野(仙北平野)の水田地帯の中を走る。そして石巻市内に入ると沿線に住宅地が多く見られるようになり、北上運河(貞山運河)を越え、右手から石巻港駅から来た貨物支線と陸前山下駅の手前で合流する。同駅を過ぎると当路線は築堤を上り、右にカーブしながら地上に降りた先で、左手から石巻線が近づくと間もなく終点石巻駅である。 ファイル:T?hoku access Sendai01.JPG|青葉通地下にあるあおば通駅の出入口(右) ファイル:Miyagino-dori avenue viewed from the roof top car parks of Sendai station.JPG|仙台トンネルが地下を通る宮城野通 ファイル:Matsusima Sightseeing town.JPG|松島海岸駅(左下)と松島港

使用車両

仙石線は前述の通り、東北地方のJR線では唯一の直流電化路線であり、東北地区を走る他線(交流電化路線)の車両は運用できないため、首都圏で運行されていた通勤形電車を転配して運行している。車両についての詳細は各車両の項目のほか、「仙台車両センター宮城野派出所」の項目も参照。

現在の使用車両

  • 205系3100番台電車(仙台車両センター宮城野派出所所属):あおば通駅 - 石巻駅間で普通として運用。
  • : 4両編成(M1 - M6、M8、M10 - M19編成)17本が配置されている。
  • : 以前同じく首都圏から転配され仙石線で運用されていた103系にはもともとトイレがなく、仙石線に転配後もトイレの設置がなかった。2002年から仙石線で運用されることになった205系は、あらかじめトイレの設置改造が行われた上で仙石線に投入され、205系の投入により103系の運転は2004年に終了した。その後、多賀城駅付近の連続立体交差化工事に伴う予備車増加で運用に復帰していた103系RT-235編成の置き換え用として2009年に南武線中原電車区)の205系1200番台1本を4両編成に短縮し、3100番台化した上で仙石線に投入し、この103系を置き換えた。
  • : 2011年3月11日東北地方太平洋沖地震による津波で仙石線野蒜駅 - 東名駅間を走行していたM9編成が流され脱線。同年5月1日にかけ現地にて解体作業が行われた。当該編成は同年3月12日付で廃車された。
  • HB-E210系気動車(小牛田運輸区所属):高城町駅 - 石巻駅間で仙石東北ラインの快速・特別快速として運用。
  • : 2015年(平成27年)の東北本線と仙石線の接続線開業に伴い、JR東日本はこの接続線を経由する「仙石東北ライン」で使用される直通運転用の車両としてディーゼルハイブリッド車両HB-E210系2両編成を8編成新造した。仙石線の営業車両としては初の新造車両である。

過去の使用車両

仙石線の前身である宮城電気鉄道の車両については同項目および「宮城電気鉄道の電車」を参照。
  • 30系31系33系50系電車
  • : 宮城電気鉄道からの引き継ぎ車を置き換える目的で投入された、首都圏で余剰となった車体長17m級国電。72系などの20m車の投入により置き換えられた。
  • クモハ54形モハ70形電車
  • : 17m車から20m車の置き換えの際に、一時的に使用されたセミクロスシート車。72系への統一により、他線区へ転出(一部は廃車)した。
  • 72系電車
  • : 仙石線に在籍していた17m級車両を置き換える目的で投入された。老朽化対策として1974年に、車体のみ103系後期車と同等のものに載せ替えた編成(アコモデーション改良車)が配置され、1979年に通常車が置き換えられた後も1985年まで残存していた。これらはのちに機器類も103系のものに交換した上で正式に103系3000番台となり、川越線などに転用されている。
  • 103系電車
  • : 72・73系電車の置き換えを目的として1979年から投入され、編成番号はR+Mc車(制御電動車)であるクモハ103形の車号で付与されていた(クモハ103-80以下4連ならばR-80編成)。その後、1989年から首都圏への205系電車投入によって余剰となっていたものを、仙石線向けの改造・更新工事を施工した上で入線させている。1993年までに1979年から投入したグループを淘汰した。2002年から2004年7月にかけて205系の投入に伴い老朽化が進む編成から廃車を開始し、17編成が運用終了後に廃車・解体されている。その後、103系1編成4両が2年間、郡山総合車両センターに留置されていたが、多賀城駅付近の連続立体交差化工事に伴い、車両運用が賄えなくなることから、改造工事を施工した上で2006年11月に宮城野派出所に戻り、3月19日より平日の朝ラッシュ時の2往復限定で運用されていた。しかし、209系2200番台の導入で余剰となった205系1200番台1本が中原電車区から転入したため、103系は2009年10月21日限りで運用から離脱し、廃車となった。これにより、JR東日本から103系電車が消滅した。
  • 105系電車
  • : 1987年に輸送量自体は低いものの都市化が進み始め区間利用者が見込める石巻駅 - 矢本駅間の区間列車運転を主目的として投入された車両で、通常最低でも3両でしか走行できない103系電車を、2両編成で走行できるように改造された。使用区間は他の103系電車と共通のため、2両編成のまま仙台圏でも使用され、時には2編成を連結して運用についたこともあった。在籍していた編成は京浜東北線・根岸線から捻出された103系の高運転台車編成投入との入れ替えで1998年に書類上は廃車されたが、2両編成という利便性から、八王子支社および横浜支社管内の訓練センターで訓練編成として転用され、2008年に京浜東北線根岸線で使用されていた209系の改造車にそれぞれ置き換えられるまで使用された。これにより、JR東日本から105系電車が消滅した。
  • キハ110系気動車(小牛田運輸区所属)
  • : 陸前小野駅 - 石巻駅間では東北地方太平洋沖地震により変電所が津波の被害を受けたため、2015年5月までは小牛田運輸区のキハ110系気動車が使用されていた。
ファイル:JRE 205-3100 M16 20090317.jpg|205系3100番台(西塩釜駅) ファイル:JRE 205-3100 M4 20090803.jpg|205系2wayシート設置編成 ファイル:マンガッタンライナー号02.JPG|マンガッタンライナー号(本塩釜駅) ファイル:マンガッタンライナー号01.JPG|マンガッタンライナーII号(陸前高砂駅付近) ファイル:HB-E210.JPG|HB-E210系 ファイル:JRE 103 SensekiLine.JPG|103系(小鶴新田駅) ファイル:JNR EC Tc105-105.jpg|105系100番台
(1990年1月13日 地上時代の陸前原ノ町駅) ファイル:仙石線で暫定運用されているキハ110.jpg|キハ110系(石巻駅)

運行形態

2015年5月30日のダイヤ改正以降、仙石線のみを運行する列車は普通列車のみである。なお、この日に開業した仙石東北ラインで運行される列車はすべてが特別快速または快速として運転されている。 JRの列車番号は原則として電車には「M」が付くが、仙石線の場合はいわゆる電車ダイヤのため、あおば通駅 - 高城町駅間運行の電車には「S」が付与されている。気動車で運行が再開された矢本駅 - 石巻駅間の列車には「Y」が付けられていたが、陸前小野駅まで運行を再開した2012年3月のダイヤ改正で、陸前小野駅・矢本駅 - 石巻駅間運行の列車は原則通りの「D」に変更された。仙石東北ラインの列車も気動車であるため、原則通り「D」が付与されている。

仙石東北ライン・特別快速・快速

仙台駅 - 石巻駅間をおおむね1時間に1本運転しているが、仙台発11時台と石巻発7・12時台の運転はない。仙台駅9時24分発と石巻駅20時58分発(最終列車)の上下各1本が停車駅の少ない特別快速として運転されている以外は快速として運転されている。 快速には、種別がで表示されるタイプとで表示されるタイプがあり、これらは東北本線内での停車駅の違いを示しているが、仙石線内の停車駅は同じである。 仙石東北ラインとして運行される区間には待避設備がないため、先行列車の追い抜きはないが、原則として高城町駅にて同駅発着の普通列車(あおば通駅 - 高城町駅間運行)と相互接続を行っている。 1列車4両を基本に運行するが、仙台12時台発と石巻13時台発のの快速のみ2両で運行する。

普通列車

あおば通駅 - 石巻駅間を仙石線内各駅に停車する。すべての列車があおば通駅発着となっている。2015年5月30日以降は仙石東北ラインとの誤乗防止のため、方向幕・行先表示LEDで「仙石線経由」の表示がなされるようになった。 ラッシュ時にはあおば通駅 - 小鶴新田駅間の区間運転列車があり、朝は約6分間隔、夕方は約8分間隔で運転されている。 日中は1時間あたり4本運転されており、あおば通駅 - 石巻駅間の全線を走る列車と多賀城駅東塩釜駅高城町駅を発着駅とする区間運転列車がそれぞれ1本程度運転されている。下りは15分等間隔で運転されているが、上りは少しずれが生じている。高城町駅発着列車は、基本的に高城町で仙石東北ライン石巻駅発着に10分前後で乗り換えられるダイヤとなっている。 なお、上り列車の方向幕・行先表示LEDには「仙台・あおば通」と表示されているが、これは仙台方面あおば通行きの列車であることを強調するために便宜上用いているもので、途中駅で分割・併合が行われるというわけではない。

2015年5月29日以前の震災ダイヤ

ここでは、仙石東北ライン開業前の仙石線のダイヤについて述べる。東北本線への直通運転が開始されるまでは、あおば通駅 - 高城町駅間のすべての列車があおば通駅発着であり、そのうち大部分の列車が多賀城駅や東塩釜駅で折り返す区間列車でった。 一方、非電化で復旧した陸前小野駅 - 石巻駅間はすべての列車が石巻駅発着であるが、ほとんどが矢本駅までの区間列車であり、陸前小野駅まで営業運転する列車は一日数本に留まっていた。震災前はあおば通駅 - 石巻駅間の全線を通して走る列車(快速と普通)が約30分間隔で交互に運行されていた。 現在、普通列車については1列車4両のみで運行しているが、1987年-1998年頃までは、石巻駅 - 矢本駅間の区間列車運転を主として、105系電車を用いた2両運用が全区間で存在した

快速列車

あおば通駅 - 高城町駅間では、普通列車に加え、2015年5月29日まであおば通駅 - 高城町駅間で快速運転を行う快速列車も運転されていた。この快速は、2004年10月15日までは「うみかぜ」の愛称が与えられていた。かつては、あおば通駅 - 多賀城駅間は各駅に停車し、多賀城駅 - 高城町駅間で快速運転を行う快速が設定されていたが、2014年3月15日のダイヤ改正をもって各駅停車に格下げとなり、廃止された。B快速が設定されている間は、2015年5月まで運行された快速は快速とされていた。2009年3月14日のダイヤ改正以前は駅案内においては方向幕の色からA快速は「赤快速」、B快速は「緑快速」と案内されていた。ここで述べたA快速・B快速いった名称は停車駅の違いにより便宜的にアルファベットを付与したものであり、正式な列車種別として使われたものではない(列車種別#列車種別ではないものも参照)。なお、市販の時刻表では1つの種別として扱われているため、他社の区間快速などのように派生的な種別を設定しているわけではない(列車種別#区間種別と同様の運行形態をとる列車を参照)。 停車パターンはあおば通駅・仙台駅・多賀城駅・本塩釜駅・東塩釜駅・松島海岸駅・高城町駅である。当初東塩釜駅は通過していたが、2007年3月のダイヤ改正から停車するようになった。なお東日本大震災発生前は全線で快速列車が運行されており、高城町以東のA快速・B快速停車駅は野蒜駅・陸前小野駅・矢本駅 - 石巻駅間の各駅であった。 仙石線の快速列車の停車駅については、古くは列車により様々であったが、時代を下るにつれパターン化され、そのパターンも次第に整理・統合された(1972年頃には通過駅が榴ケ岡駅と宮城野原駅の2駅のみというパターンもあった)。 例えば、1998年 - 1999年頃の日中に快速列車が毎時2本に設定されたことがある。このうち1本は現在の速達タイプの停車パターンで、もう一方は石巻 - 本塩釜間が各駅停車となる区間的な快速列車であった。 他に特筆できることとしては「特別快速」がある。当初の特別快速は石巻駅 - 仙台駅間を1時間以内で結ぶことと仙台市内の百貨店10時開店を意識したダイヤで1969年に登場した(途中、松島海岸駅・本塩釜駅停車、上り午前・下り午後の計2本は矢本駅にも停車)。その後、CTC化と軌道強化・東塩釜駅 - 石巻駅間の単線区間の一部交換可能駅一線スルー化等に伴う線内最高速度85→95km/h化完成をみた1983年10月より、休日ダイヤにおいて仙台駅 - 石巻駅間50.5kmをノンストップで走る特別快速が1往復設定されたが、停車駅の見直しに伴い、2000年3月11日のダイヤ改正で廃止となった。後年に再び停車駅の少ない「特別快速」が土曜・休日に設定された(停車駅は現行の赤快速のうち東塩釜駅・陸前小野駅・東矢本駅・陸前赤井駅・蛇田駅・陸前山下駅を通過)が、2003年10月1日のダイヤ改正で再び廃止された。 また、1990年代中頃においては、土曜・休日に仙台駅 - 松島海岸駅間を走る快速が設定されたことがあるものの、臨時列車扱いで長くは続かなかった。 2003年3月22日から土曜・休日に石巻行きの赤快速の1本と緑快速の1本、そしてあおば通行きの普通列車2本を、石巻市にゆかりの深い漫画家石ノ森章太郎の作品のキャラクターのラッピングが施された「マンガッタンライナー号」として運行していた。 仙山線と同様に線内に待避駅が設置されていないため、普通列車を追い抜くことができず、列車種別にかかわらず先発の列車が先着するダイヤとなっていた。

普通列車

あおば通駅 - 東塩釜駅間
ラッシュ時は最短約4分間隔で運行され、混雑が激しい。それ以外の時間帯は1時間あたり3 - 5本である。ただし昼間時間帯の運転間隔は一定ではなく、赤快速が停車しない駅では都心部手前であってもA快速の通過待ちを挟んで30分以上間隔が開く時間帯もある。小鶴新田駅発着の列車もあるが、これは仙台車両センター宮城野派出所(宮城野運輸区)への入出庫に伴うもので、小鶴新田駅の開業前は苦竹駅発着の列車として存在した。また多賀城駅が始発・終着となる列車もある(2007年から2014年3月までは同駅での高架化工事により折り返しができず、多賀城駅 - 東塩釜駅間回送のうえ東塩釜駅での折り返しとしていた)。 東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地、楽天Koboスタジアム宮城宮城野原駅が最寄)でプロ野球の試合がある日は、あおば通駅 - 小鶴新田駅間で臨時に列車の増発を行っている。また仙台駅 - 多賀城駅間を通過するA快速はプロ野球試合の日には一部列車で宮城野原駅に臨時停車するなどしている。 東北地方太平洋沖地震発生後、全線が不通となった仙石線の運転再開は2011年3月28日にあおば通駅 - 小鶴新田駅間の復旧に始まり、まず同日から同区間で1時間あたり2 - 7本ほど運行していた。しかし、4月7日に発生し、宮城県栗原市・仙台市宮城野区で震度6強を記録した東北地方太平洋沖地震の余震により苦竹駅の乗降場が変状するなどの被害を受け、再び全線で不通になる。その後4月15日に同区間は復旧し、4月19日には東塩釜まで、5月28日には東塩釜駅 - 高城町駅間で運転を再開した。
東塩釜駅 - 高城町駅間
単線区間である。昼間は1時間あたり2本(快速を含む)、ラッシュ時間帯は3本である。現在、ミヤコーバスが、石巻と仙台を結ぶ高速バス仙台 - 石巻・女川線三陸道経由で運行しているが、バスが仙台市内の渋滞の影響を受けることや、運行本数が少なく所要時間も震災前の仙石線とあまり変わらないことから、高速バスに苦戦を強いられている仙山線・東北本線とは違い、仙石線では全線を通して乗車する利用客も多く、鉄道が優位な状況にあった。 また、年間を通じて休日を中心に、観光地である松島や奥松島に訪れる観光客が仙石線を利用する。 松島海岸駅 - 高城町駅間は仙石線の電車のほか、震災からの全面復旧前は後述する不通区間を走行する仙石線代行バスも運行されていた。
高城町駅 - 陸前小野駅間
高城町駅 - 陸前小野駅間は東日本大震災の影響により2015年(平成27年)5月29日まで不通となっており、2011年(平成23年)7月16日から同日まで、松島海岸駅 - 矢本駅間でバス代行輸送が行われていた。本数は2014年(平成26年)3月15日から運行終了までのダイヤでは1日上り19本、下り20本で、朝夕のラッシュ時は、1本あたり最大5台同時運行していた。松島海岸駅で快速列車に接続することが多かったが、バスが遅延した場合でも原則として接続は行わなかった。 代行バス停留所は不通区間の各駅前に設置されていたが、高城町駅のみ離れていたため、仙石線電車区間(あおば通駅 - 高城町駅間)と代行バスの乗り換えは松島海岸駅で行うよう案内されていた。 この区間は軌道の損傷・駅舎流失等、甚大な被害をうけたため、当初復旧の目途が立っていなかったが、2012年1月に、2015年度中にも全線復旧する方針が発表された。2015年1月29日には再開日が同年5月30日と発表され、事前発表通り運行を再開した。
陸前小野駅 - 石巻駅間
2011年7月16日に矢本駅 - 石巻駅間で運行を再開し。全面復旧までこの区間は小牛田運輸区所属の気動車による臨時ダイヤでの運行となっていた。陸前小野駅 - 矢本駅間は1日数本、矢本駅 - 石巻駅間では1時間あたり1 - 2本となっており、全列車普通列車であった。

他の路線との直通運転

仙石東北ラインの快速・特別快速は、高城町から連絡線を介して東北本線に乗り入れるが、これとは別に貨物列車臨時の旅客列車が石巻線に乗り入れる。 現在は高城町駅および石巻駅からの直通運転が可能となっているが、元々が独立した鉄道会社であった名残から、かつては仙台駅と石巻駅の着発線および駅舎が他路線とは独立しており、直通運転は物理的に不可能であった。仙台駅構内には、1970年頃まで東北本線と仙石線を結ぶ引き込み線があったが、現在は存在しない。石巻駅構内では、石巻港への貨物列車の入線や他線との連絡のために、石巻線と仙石線の線路が繋がっている。また、保線用車両の行き来を目的に松島駅 - 松島海岸駅間に東北本線との渡り線が設けられていたが、仙石線・東北本線接続線の建設により現在は存在しない(営業用車両の走行はできなかった)。 石巻線は非電化路線であるため、気動車の場合は仙石線・石巻線の両線を直通することが可能であり、2000年の仙台トンネル開通以前はグラシア(後のこがね)による臨時列車(仙台駅 - 女川駅・気仙沼駅間)が運行されたことがあった。なお、1992年頃には、石巻線の石巻駅 - 女川駅間の直流電化により、仙石線の女川駅乗り入れが調査がなされたことがあった(詳細は「石巻線#仙石線との直通運転構想」を参照)。仙石線への気動車の入線については、それ以外にも、多賀城駅 - 矢本駅間のビール列車(小牛田運輸区キハ23形40形58形使用)、ふるさとによる野蒜駅 - 石巻駅間の鳴瀬町(現:東松島市)町民号といった団体専用列車での入線が時折あった。仙台トンネルの開通により仙台駅 - 苦竹駅間では、East i-D をのぞき、気動車の入線は基本的に不能になったが、東塩釜駅 - 石巻駅間では団体専用列車という形で気動車の入線があった。東日本大震災後の2011年7月16日に復旧した矢本駅 - 石巻駅間、2012年3月17日に復旧した陸前小野駅 - 矢本駅間では架線の損傷や変電所が使えないため、2015年5月30日の全面復旧まではキハ110系気動車が使用されていた。 また、仙台市の交通政策で、仙石線を西公園まで延伸して東西線計画の一部とする構想もあったが、仙台市が独自に地下鉄東西線を建設する方針をとったために、構想は立ち消えとなった。 2015年度の全線復旧後、松島海岸駅 - 高城町駅間と東北本線塩釜駅 - 松島駅間を結ぶ連絡線(仙石線・東北本線接続線)が敷設され、仙石東北ラインという愛称でHB-E210系気動車を使用した東北本線への直通運転が開始されたと発表していたが、2015年5月のダイヤ改正よりあおば通 - 高城町間を走行する快速は廃止されることが決まった。

事業用列車

East i-Dによる軌道試験が行われる以前は、マヤ34形客車を用いた検測列車(マヤ検)の牽引は牽引車クモヤ145形を用いて行われていた。しかし地上線時代の仙台駅および地下化後のあおば通駅は機回し線がなく、またクモヤ145形が1両しか在籍していないため、上り列車で仙台駅(地上線時代)もしくはあおば通駅(地下化後)に入線すると車両の付け替えができないため、以前は105系を使用し、
  • 石巻側←クモハ105+クハ105+マヤ34+クモヤ145→仙台側
の編成で運転されていた。 105系廃車後は103系のクモハ編成からMc+Mのみをマヤの前に連結し、
  • 石巻側←クモハ103+モハ102+マヤ34+クモヤ145→仙台側
の編成で運行された。なお105系および103系による運転はあおば通駅 - 宮城野電車区間のみで運行され、宮城野電車区 - 石巻間はクモヤ145形のみの牽引で運転されていた。なお仙石線では103系は老朽化の進むMc編成から置き換えが始まったが、マヤ検の都合上、置き換え開始後しばらくはMc編成が残留していた。そのためMc編成の全廃はマヤ検終了後の2003年7月であった。

歴史

宮城電気鉄道により、1925年(大正14年)6月5日に仙台駅 - 西塩釜駅間が開業。以後順次延伸され、1928年(昭和3年)11月22日に仙台駅 - 石巻駅間が全通した。1944年(昭和19年)5月1日戦時買収により国有化され、仙石線となった。1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化後はJR東日本の路線となっている。

日本で最初の地下路線

当初、宮城県庁付近を基点とする計画があり、東北本線との交差のため仙台駅 - 東七番丁駅(仙台東口駅)間は地下区間として建設されたが、これは日本で最初に開業した営業用の地下路線である。この区間の開業は、日本初の地下鉄である東京地下鉄道(現在の東京地下鉄銀座線)の開業に先立つこと2年半であり、また郊外電車の地下乗り入れとしても神戸有馬電気鉄道(現在の神戸電鉄有馬線)の湊川地下線より3年早かった。 その後、宮城県庁までの延伸は資金難と仙台市電の開業により断念され、1952年(昭和27年)には路線短縮により地下区間が廃止となった。廃止された地下区間は、2000年(平成12年)の再地下化までの間、仙台駅の北側にあった地下改札口(駅ビルの食料品売り場に改装され現存しない)や東北本線の各ホームと、仙石線ホームを結ぶ地下通路として利用されていた。 この地下区間は単線でありかつ距離が短かったこと、現存していないことなどから、現在はほとんど紹介されない存在となっている。現在の仙石線地下区間は前述の通り2000年に完成したもので、別物である。

都市高速鉄道事業

号数 決定時の街路名称
(現在の路線名)
事業計画上の起終点 延長 都市計画
決定年月日
適要 都市 起点 終点 計画 供用
東北本線(当時は日本鉄道)は、大正期にあたる1920年代前半には仙台駅をはさんで岩沼駅から岩切駅まで複線化されていたが、開業時から全線単線だった仙石線(当時は宮城電気鉄道)の複線化は、1943年(昭和18年)12月5日に東七番丁駅(後に仙台東口駅、さらに(地上線)仙台駅に改称)から陸前原ノ町駅までの区間で初めて実現した。戦後、東北本線では複線・電化が進み、高度経済成長期の1968年(昭和43年)に全線複線電化が完了した(ヨンサントオ)。仙石線でも同年には陸前原ノ町駅 - 多賀城駅間、翌1969年(昭和44年)には多賀城駅 - 西塩釜駅間が複線化され、仙台駅(地上線)から塩竈市の中心駅である本塩釜駅の1つ手前まで複線化が完了した。 1968年(昭和43年)、(新)都市計画法が施行され、都市高速鉄道が規定された。これにより、踏切を介して平面交差していた鉄道と道路を、渋滞踏切事故等を減らす名目で立体交差させる都市計画がなされるようになり、既存の道路側を立体交差させるオーバーパスやアンダーパス、既存の鉄道を立体交差させる高架化や地下化、さらに高架鉄道地下鉄等の新設が進められた。 当地でも同法に基いて、1970年(昭和45年)に従前の5つの都市計画区域を統合して宮城県が「仙塩広域都市計画区域」を指定。同区域内には当時、が仙台・塩竈・名取の3市のみだったが、各市の中心駅周辺で複線化が唯一未施行だった塩竈市の本塩釜駅周辺への都市高速鉄道事業の適用を見込み、1971年度(昭和46年度)に高架化の調査を行った、1981年(昭和56年)に西塩釜 - 東塩釜の高架・複線化が完成した。 その後、仙台都市圏の都市高速鉄道事業は、仙台市地下鉄南北線および東西線の新設、そして、仙石線の複線区間の連続立体交差事業として実施された。また、仙台都市圏内ながら仙塩都市計画区域の外にある山元町では、東日本大震災からの復興事業として、山元都市計画都市高速鉄道東日本旅客鉄道株式会社常磐線、すなわち、JR常磐線の内陸移設 (L=12,010m) が2013年(平成25年)12月3日に宮城県により決定された。 仙台 - 苦竹間については、仙台駅付近が曲線が多い蛇行線形になっていたほか、踏切による交通渋滞問題が発生していたため、連続立体交差事業が行われた。この事業では、1985年(昭和60年)に着工された仙台トンネル2000年(平成12年)に完成、地下化によって14の踏切が解消された。この際には路線の直線化によって距離が短縮されるとともに、あおば通駅が新設されて仙台駅以西に延伸開業した。 これは地下化建設当時検討されていた仙台市営地下鉄東西線との直通運転を視野に入れて先行して仙石線の連続立体交差事業が始まったが、国鉄仙台駅と仙台市営地下鉄仙台駅が離れていたため直通運転案では仙台駅を二分して建設することになり、連続立体交差事業の補助金対象区間を長く取るために地下鉄寄りの「仙台(西)駅」を仙石線と地下鉄との境界駅としたため、この駅までを国鉄線として建設することになったからである。その後地下鉄直通運転案は断念されたが「仙台(西)駅」までは建設され、地下化開業にあたってJR仙台駅とは離れている「仙台(西)駅」の正式名称を「あおば通駅」と決定して開業した。 また、2004年(平成16年)より多賀城駅周辺1.8kmの高架化事業も進められた。2009年(平成21年)11月29日に上り線が高架に切り替えられ、2012年(平成24年)4月8日には、下り線も高架に切り替えられた。その後、駅舎を中心とした施設の構築工事も行われ、2013年(平成25年)11月17日に新駅舎が供用開始した。

東日本大震災による影響

2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)では、当路線の約68%が海岸部に近接していたため、地震津波双方による被害を受け、軌道変状312か所、線路流出3km強、ホーム変形19か所、橋梁・高架橋の損傷12か所、駅舎損傷14か所、電化設備については津波被害の大きさによりデータが取れないほどであった。 地震発生により、野蒜() - 東名()間で上りあおば通行普通電車(1426S電車、M9編成)が停止()、乗客約50人が指定避難場所だった東松島市立野蒜小学校()に避難した後、車両は津波に押し流されて脱線、4両編成の前2両は山側に横滑りし、後ろ2両は山側に90度向きを変えて大破した。また、石巻駅では到着後のM7編成が冠水して被災した。野蒜 - 陸前小野間では石巻行き快速電車(3353S電車、M16編成)編成が松島丘陵東端の切り通し区間頂上部付近で停止()、乗客約100人は指定避難場所の野蒜小への移動を開始したが、元消防団員の乗客の1人が津波を予見して運転士に進言し、乗客全員が車両に待機していたところ、襲ってきた津波は同車両を含む同地には到らず全員が無事だった。 地震直後より全線で不通となった仙石線は、震災当日から2週間以上を経た同年3月28日、仙台市内あおば通駅 - 小鶴新田駅間でのみ運転が再開されたものの、翌月7日に発生した余震のために、再び全線で不通となった。 再度不通となったあおば通駅 - 小鶴新田駅間の営業は1週間余り後の同4月15日に再開され、次いで4月19日には小鶴新田駅から東塩釜駅までの営業も再開された。さらに、同5月28日には東塩釜駅から高城町駅までの営業も再開、これによって、仙台を起点とする区間においてはあおば通駅から高城町駅までが繋がることとなった。 一方、石巻寄りの区間については、震災発生から4か月余りを経た同年7月16日になって矢本駅 - 石巻駅間の営業が再開されたが、電化設備が復旧していないことなどから、電車ではなく気動車による運行となった。さらに陸前小野駅 - 矢本駅間が2012年3月17日に再開された。 復旧が手付かずの状態となっていた高城町駅(松島町) - 陸前小野駅(東松島市)間であったが、JR東日本仙台支社2012年(平成24年)1月、当該区間の一部内陸移設などによって、2015年(平成27年)度までに全線復旧させる方針を発表した。この区間の復旧工事の費用は100億円超で2013年(平成25年)度中に着工、線路が流出するなど被害の大きかった東松島市内の陸前小野駅から陸前大塚駅までの約6.4kmについては震災前よりも500メートル程度内陸に移設する。また、この区間にあって駅舎が被害を受けた野蒜駅東名駅の2駅も移設される。2014年7月30日には、復旧工事の目途が立ったことから、2015年6月までに全線再開することが発表され、2015年1月29日には全線再開日が同年5月30日と発表された。 なお、陸前小野駅 - 陸前大塚駅の移設ルートは当初、下記の三つの案が作られたが、安全性や街づくり、早期復旧の観点から現位置かさ上げ+高台移設案を採用する事になった。
ルート案 概要 施工延長 主要構造物 安全性・町づくり・早期復旧評価 課題
また、東北本線の塩釜駅 - 松島駅間と線路が並行している仙石線の松島海岸駅 - 高城町駅間に、両線を連絡する接続線(仙石線・東北本線接続線)を敷設し、仙石線が全線復旧する予定の2015年(平成27年)5月30日から「仙石東北ライン」として東北本線の塩釜以南と仙石線の高城町以北を相互直通運転する計画が発表され、予定通り運行が開始された。 ファイル:Destroyed railway track.JPG|東北地方太平洋沖地震で発生した津波により流された軌道 ファイル:Carried train in Senseki Line.JPG|津波に襲われ脱線したあおば通駅行きの列車 ファイル:Reconstruction of Senseki Line after 2011 T?hoku earthquake.jpg|移設・復旧工事中の仙石線(2014年7月)

年表

  • 1925年(大正14年)6月5日 宮城電気鉄道が仙台 - 西塩釜間を開業。宮電仙台・東七番丁・榴ケ岡・陸前原ノ町・福田町・陸前高砂・多賀城・西塩釜の各駅新設。
  • 1926年(大正15年)
  • * 1月1日 宮城野原駅を新設。
  • * 4月14日 西塩釜 - 本塩釜を延伸開業、本塩釜駅を新設。
  • 1927年(昭和2年)4月18日 本塩釜 - 松島公園(現在の松島海岸)間を延伸開業。東塩釜・浜田・松島公園の各駅を新設。
  • 1928年(昭和3年)
  • * 4月10日 松島公園 - 陸前小野間を延伸開業、小石浜遊園・新富山・高城町・手樽・陸前富山・大塚・野蒜・陸前小野の各駅を新設。
  • * 5月15日 新田駅を新設。
  • * 11月22日 陸前小野 - 石巻間を延伸開業し仙台 - 石巻間全通。矢本・陸前赤井・蛇田・石巻の各駅を新設。
  • 1931年(昭和6年)
  • * 10月23日 野蒜を東北須磨に駅名改称。
  • * 12月1日 大塚停留場を仙台方面に1km移設。東名駅を新設。
  • 1932年(昭和7年)
  • * 1月8日 石巻を宮電石巻に駅名改称。
  • * 8月1日 下馬信号所を駅に変更。
  • 1939年(昭和14年)
  • * 2月1日 宮電山下駅を新設。
  • * 11月7日 宮電山下 - 釜(現在の石巻港)間の貨物線を開業。
  • 1943年(昭和18年)2月8日 苦竹駅開業届出。
  • 1944年(昭和19年)5月1日 宮城電気鉄道が国有化され仙石線と線路名称制定。宮電仙台を仙台に、東七番丁を仙台東口に、西塩釜を西塩竈に、本塩釜を本塩竈に、東塩釜を東塩竈に、浜田を陸前浜田に、松島公園を松島海岸に、富山を陸前富山に、大塚を陸前大塚に、東北須磨を野蒜に、宮電山下を陸前山下に、宮電石巻を石巻にそれぞれ駅名改称。新田・小石浜遊園・新富山の各駅を廃止。
  • 1945年(昭和20年)6月10日 陸前富山・陸前大塚・鹿妻の各駅を休止。
  • 1946年(昭和21年)6月10日 陸前富山・陸前大塚・鹿妻の各駅を再開。
  • 1952年(昭和27年)
  • * 6月1日 地下区間の仙台 - 仙台東口間を休止。
  • * 9月26日 仙台 - 仙台東口間を廃止。仙台東口を仙台に駅名改称。
  • 1953年(昭和28年)7月20日 釜 - 石巻港間の貨物線を開業。
  • 1956年(昭和31年)10月1日 仙石線管理所発足。
  • 1957年(昭和32年)
  • * 快速列車の設定開始。
  • * 6月6日 陸前山下 - 釜間の電化廃止。
  • 1959年(昭和34年)9月 石巻 - 仙台間快速電車運行開始。
  • 1963年(昭和38年)5月25日 西塩竈を西塩釜に、本塩竈を本塩釜に、東塩竈を東塩釜にそれぞれ駅名改称。
  • 1965年(昭和40年)9月30日 東塩釜駅貨物取扱廃止
  • 1966年(昭和41年)1月20日 陸前原ノ町 - 福田町間の「苦竹高架」完成、高架化。
  • 1968年(昭和43年)
  • * 2月23日 福田町 - 多賀城間を複線化。
  • * 3月19日 陸前原ノ町 - 福田町間を複線化。
  • * 10月11日 釜 - 石巻埠頭間の貨物線を開業。
  • 1969年(昭和44年)
  • * 9月26日 多賀城 - 西塩釜間を複線化。
  • * 10月1日 石巻 - 仙台間50分台の特別快速電車運行開始。
  • 1971年(昭和46年)
  • * 3月31日 矢本駅貨物取扱廃止。
  • * 4月1日 仙石線管理所廃止、陸前原ノ町電車区および陸前原ノ町車掌区発足。釜 - 石巻港間の貨物線廃止。
  • * 9月30日 多賀城駅貨物取扱廃止、これにより仙台 - 多賀城間貨物営業廃止。
  • 1972年(昭和47年)
  • * 3月15日 釜を石巻港に駅名改称。
  • * 8月18日 塩竈市越ノ浦の仙石線の無人踏切で、仙台発石巻行き下り電車にダンプカーが衝突、1両目が脱線して松島湾に突っ込む(死者2名、重軽傷46名)。
  • 1975年(昭和50年)
  • * 2月1日 「新型電車導入」記念乗車券発行。
  • * 2月15日 72系アコモデーション改良車導入。
  • * 3月 出札合理化により榴ケ岡・宮城野原・苦竹・福田町・陸前高砂・下馬・西塩釜・東塩釜・高城町の各駅で出札窓口閉鎖。仙台・石巻両駅に乗継出札口を設置。
  • 1979年(昭和54年)10月1日 103系導入。
  • 1981年(昭和56年)
  • * 4月1日 中野栄駅を新設。
  • * 11月1日 西塩釜 - 東塩釜間を高架・複線化。本塩釜・東塩釜の両駅を移転。
  • 1983年(昭和58年)
  • * 6月15日 陸前原ノ町車掌区を廃止し仙台車掌区に統合。
  • * 9月20日 多賀城 - 石巻間にCTCを導入。あわせて東塩釜駅構内にCTCセンターを設置したほか、通票授受が廃止。
  • * 10月2日 平日・休日ダイヤ実施。線内最高速度が85km/h→95km/hに引き上げ。仙台 - 石巻間ノンストップ特別快速新設。
  • 1987年(昭和62年)
  • * 3月31日 東矢本駅を新設。
  • * 4月1日 国鉄分割民営化に伴い東日本旅客鉄道(第一種)・日本貨物鉄道(第二種)が承継。
  • 1988年(昭和63年)3月13日 ダイヤ改正に際して、快速列車に「うみかぜ」の愛称を命名。陸前大塚駅交換設備使用開始。
  • 1990年(平成2年)7月21日 石巻駅駅舎を石巻線の駅舎に統合。
  • 1991年(平成3年)
  • * 3月9日 宮城野信号場を新設。
  • * 3月15日 陸前原ノ町電車区閉所、宮城野電車区へ移転。
  • 1999年(平成11年)11月1日 石巻港 - 石巻埠頭間の貨物線を廃止。
  • * 3月11日 仙台 - 陸前原ノ町間を地下化、あおば通 - 仙台を延伸開業。
  • * 3月20日 CTCセンターを宮城野総合事務所内に移設。併せてあおば通 - 中野栄間もCTCを導入。
  • * 6月25日 野蒜 - 陸前小野間の鳴瀬川橋梁架け替え工事完成。
  • 2002年(平成14年)11月5日 205系3100番台導入。
  • 2003年(平成15年)10月1日 宮城野運輸区発足。
  • 2004年(平成16年)
  • * 3月13日 小鶴新田駅を新設。
  • * 7月 103系運行終了。RT235編成は予備車として郡山駅構内に留置(2007年3月に復帰)。
  • * 10月16日 快速列車「うみかぜ」の愛称廃止。平日・土曜休日の時刻表を一本化。
  • 2009年(平成21年)
  • * 10月21日 103系RT235編成が運行を終了。
  • * 11月29日 多賀城駅上り線を高架化。
  • 2011年(平成23年)
  • * 3月11日 東北地方太平洋沖地震およびそれによる津波の被害で全線不通となる。
  • * 3月28日 あおば通 - 小鶴新田間で運転再開。
  • * 4月5日 東北本線松島駅に接続する形で、松島 - 石巻間で仙石線経由の代行バス運転開始。
  • * 4月7日 東北地方太平洋沖地震の余震により再び全線で不通となる
  • * 4月15日 余震により不通となっていた、あおば通 - 小鶴新田間の運転を再開。
  • * 4月19日 小鶴新田 - 東塩釜間の運転を再開。代行バス区間を東塩釜 - 石巻間に変更。
  • * 5月28日 東塩釜 - 高城町間の運転を再開。代行バス区間を松島海岸 - 石巻間に変更。
  • * 7月16日 矢本 - 石巻間の運転を再開。同区間は気動車が使用される。またスタフ閉塞式が施行される。代行バス区間を松島海岸 - 矢本間に変更。
  • * 10月10日 あおば通 - 東塩釜間の保安装置をATACS化。
  • 2012年(平成24年)
  • * 3月17日 陸前小野 - 矢本間の運転を再開。
  • * 4月8日 多賀城駅下り線を高架化し、これにより同駅周辺の上下線とも高架化を完了(多賀城駅の3番線は未供用)。
  • * 9月29日 貨物支線(石巻港 - 陸前山下)の試運転開始に伴い、陸前山下 - 石巻間の自動閉塞式(特殊)の使用を再開。スタフ閉塞式が陸前小野 - 陸前山下 間に短縮される。
  • * 10月9日 貨物支線(石巻港 - 陸前山下)の運転を再開。
  • *11月17日多賀城駅付近連続立体交差化完了。多賀城駅駅舎と3番線使用開始。
  • * 11月下旬 陸前小野 - 陸前山下間の自動閉塞式(特殊)の使用を再開(ただし陸前赤井駅の信号設備は使用停止)。
  • 2014年(平成26年)
  • * 3月15日 B快速を各駅停車に格下げ。多賀城駅中線による折り返し開始。
  • * 4月1日 全線が新設の仙台近郊区間となる。
  • * 12月14日 あおば通 - 東塩釜間でATACSによる踏切制御機能使用開始。また、不通区間となっていた高城町 - 陸前小野間のレール締結式が挙行され、全線がレールで結ばれる。
  • 2015年(平成27年)
  • * 3月14日 不通区間の運転再開に先立ち、新線へ切り替えられる陸前大塚 - 陸前小野間を改キロ (-1.2 km)。
  • * 4月13日 不通区間の高城町 - 陸前小野間で移設区間を含めての試運転を実施。陸前小野・陸前赤井駅の信号設備使用再開。
  • * 5月30日 高城町駅 - 陸前小野駅間の新線開業に伴い、全線運転再開。同時に仙石東北ライン開業
  • 2016年(平成28年)
  • * 3月頃 陸前赤井 - 蛇田間に石巻あゆみ野駅を新設予定。

駅一覧

本線(東日本旅客鉄道)

  • 制度における「仙台市内」エリアの駅
  • 高城町駅 - 石巻駅間の累計営業キロはあおば通駅からの仙石東北ライン経由のもの。
  • 停車駅
  • * 普通…すべての駅に停車
  • * 仙石東北ライン…●印の駅は全列車停車、|印の駅は通過、※印の駅は停車有無未定、■印の駅は東北本線のホームを使用
  • 線路 … ‖:複線区間、◇・|:単線区間(◇は列車交換可能駅)、∨:これより下は単線、∧:終点(列車交換可能)
  • 全駅宮城県内に所在
駅名 駅間営業キロ 累計実キロ 累計営業キロ 仙石東北ライン快速 仙石東北ライン特別快速 接続路線・備考 線路 地上/地下 所在地

新駅構想

東日本大震災前より、陸前赤井駅蛇田駅の間にある東松島市柳ノ目地区()に新駅「柳の目駅」(仮称)を設置する構想が浮上し、東松島市・石巻市の市議会議員や宮城県議会議員などが実現に向かって活動していた。しかしながら、2011年(平成23年)に発生した東日本大震災の影響でこの新駅構想は一時立ち消え状態になった。 その後、柳ノ目地区に隣接する石巻市新蛇田地区が東日本大震災の被災者の集団移転先となり、新市街地が形成されることから、石巻市とJRが新蛇田地区への新駅設置の協議を始めた。当初は2015年の仙石線の全線復旧に合わせて駅開業を目指すとしていたが、2016年3月にずれ込む予定である。2013年11月21日、石巻市とJR東日本は「蛇田新駅(仮称)」設置について基本合意し、駅舎基本設計の協定を締結した。 2015年2月5日、JR東日本は新駅の名称を「石巻あゆみ野駅」とすることを発表した。位置は起点のあおば通から46.4km付近となる予定)。

貨物支線(日本貨物鉄道)

  • (貨):貨物専用駅
  • 両駅とも宮城県石巻市に所在
駅名 営業キロ 接続路線

関連作品

  • 「MOTER MAN 仙石線」(SUPER BELL"Z、2001年)
  • 「MOTER MAN 仙石線 205系mix」(SUPER BELL"Z、2003年)
  • 「MOTER MAN 仙石線2015」(SUPER BELL"Z、2013年)

脚注

注釈

出典

参考文献

関連項目

ケータイにアドレスを送信

クリップ