西日本旅客鉄道岡山支社に関する豆知識

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

西日本旅客鉄道岡山支社(にしにほんりょかくてつどうおかやまししゃ)は、岡山県岡山市北区駅前町二丁目にある西日本旅客鉄道(JR西日本)の支社の一つである。かつての日本国有鉄道(国鉄)岡山鉄道管理局を継承している。

沿革

管轄路線

岡山県全域と広島県東部、および鳥取県八頭郡智頭町の一部を管轄する。 ;路線
  • 支社境界が場内信号機等と一致する場合は該当停車場信号場など)を境界駅として扱うが、支社境界が閉塞区間上にある場合には境界線の内側の停車場を記載している。
路線名 区間 備考 山陽新幹線 山陽本線 赤穂線 津山線 姫新線 因美線 宇野線 本四備讃線 吉備線 伯備線 芸備線 福塩線
2016年春に開催する岡山デスティネーションキャンペーンに合わせて、山陽本線(三石 - 岡山 - 福山 - 糸崎)、赤穂線(寒河 - 東岡山 - 岡山)、伯備線(岡山 - 倉敷 - 新見)、宇野線、本四備讃線(岡山 - 茶屋町 - 児島)、吉備線、津山線、福塩線(福山 - 府中)において路線記号を導入するのにあわせ、同区間のラインカラーが更新され、旅客案内用に幅広く使用される。ただし、導入対象外となる姫新線、因美線、芸備線、伯備線新見以北の扱いは不明。 なお、国鉄時代の岡山鉄道管理局の管轄は岡山支社のそれと以下の点が相違する。
  • 因美線:全線(東津山駅をのぞく)が米子局管内。
  • 赤穂線:備前福河駅は岡山局。
  • 福塩線:全線が岡山局管内。
  • 芸備線:塩町駅以東が岡山局管内。

管理駅

JR西日本では、主要駅に駅長を配置してその駅を管理駅とし、更に管理駅に次ぐ拠点駅(主に終日営業の駅)にも地区駅長(部内的には管理駅の助役)を配置している(鉄道部の管理下に置かれている線区にも管理駅と地区駅がある)。岡山支社直轄の管理駅とその管轄範囲は次の通り。
管理駅 管理駅の管轄駅
以前は北長瀬駅・庭瀬駅は倉敷駅(中庄駅)の、伯備線清音 - 備中広瀬間各駅と吉備線各駅は新見駅(総社駅)の管轄だったが、岡山近郊で行政区域と管轄範囲を原則一致させる岡山支社の方針から、前者は2010年頃に(時期不明)、後者は備中鉄道部廃止時に管理範囲を変更した(総社駅は倉敷駅傘下の地区駅に変更)。

鉄道部・地域鉄道部

新倉敷駅を境に、福山方が同鉄道部管理、岡山方が支社直轄という組織構成になっている。

廃止された鉄道部

乗務員区所

運転士

車掌

運転士・車掌

  • 新見列車区
  • せとうち地域鉄道部
  • * せとうち乗務員センター(福山駅構内)

車両基地

設備保守区所

保線区等

  • せとうち地域鉄道部
  • * 福山施設管理センター
  • **福山施設管理室
  • **笠岡施設管理室
  • **尾道施設管理室
  • 岡山保線区
  • * 岡山保線管理室
  • * 茶屋町保線管理室
  • * 津山保線管理室
  • 備前保線区
  • * 瀬戸保線管理室
  • * 和気保線管理室
  • 倉敷保線区
  • * 倉敷保線管理室
  • * 総社保線管理室
  • * 新見保線管理室

電気区等

  • せとうち地域鉄道部
  • *福山電気管理センター
  • 岡山電気区
  • * 津山派出
  • 倉敷電気区
  • * 新見派出

機械区

  • 岡山機械区

建築区

  • 岡山建築区

その他の区所

  • 岡山土木技術センター
  • * 新見派出

管内の車両について

車両の塗色については115系の西日本共通色や117系の快速「サンライナー」塗装で分けられていたが、2009年12月から広島支社と同様に、営業車両の外板色を原則として電車濃黄色気動車は国鉄末期の標準色と同じ朱色5号の一色塗りに順次変更されることになった。これは、支社保有車両のイメージ統一を目的としたものと発表されている。なお、ステンレス車両のキハ120形・213系・223系は対象外である。 ファイル:JRW series115 Seto-Ohashi.jpg|地域統一塗装(岡山地区の一部の電車) ファイル:JR West Kiha40 2045.png|地域統一塗装(岡山地区の一部の気動車)

株式会社の設立

2003年11月27日、瀬戸大橋線の備中箕島駅 - 茶屋町駅間の複線化事業と茶屋町駅 - 児島駅間の曲線改良事業を目的とした、瀬戸大橋高速鉄道保有が設立された。事業は2009年で終了している。

脚注

関連項目

ケータイにアドレスを送信

クリップ